SUM!(サム)って知ってる!?


TRFじゃないよ。
安室ちゃんの元夫じゃないよ。
バカリズムさんのドラマ、アレでもないよ。
夢の国のアプリでもないよ。


かわいい数字で算数遊び!


それが、スマホ向けアプリSUM!で、ある。

SUM! - かわいい数字で算数遊び!
SUM! - かわいい数字で算数遊び!
開発元:Enfani Inc.
¥120
posted with アプリーチ

スポンサーリンク

ゲームの仕組みは、とても簡単。
とにかくすばやく、たくさん10を作る。以上!
SUMアプリ1

指で数字が書かれたボール状のやつを動かし
10を作ると、ボール状のやつは消えていく。
SUMアプリ2

ダブルタップをすると、2つに分かれる
3つ以上を、組み合わせることも可能。

とにかくすばやく、たくさん10を作る。以上!
SUMアプリ3

ボール状のやつが、画面いっぱいになったら
諦めてください。そこで、試合終了ですよ?

子どもでも簡単操作!


プレイマークを押せば、
すぐに、ゲームが始まるので………
SUMアプリ4

落ちてきた、ボール状のやつを、
指で動かすのみ。

ちなみに、数字が大きければ大きいほど
ボール状のやつの、面積も大きい
SUMアプリ5


計算のスピードアップに効果的?


これをやったら、我が娘小学1年生の、
計算のスピードが上がるかもよ?

ということで、やらせてみたら、
案の定、度ハマリ!………結果!
SUMアプリ6

最高記録5750点!!!

これ、すごさが分からないと思いますが、
母さんが、本気を出しても、
千点超えが、やっとなので、
あとは、お察しください。


ゲームは1日20分以内


我が家では、1日20分ルールのため、
娘は、その20分を、
これまで主に、「チャレンジ1年生」の
チャレンジスタートナビに、
費やしていた
のですが………
チャレンジスタートナビ

SUM!に手を出してからは、SUM!一筋に…。
チャレンジスタートナビ、完全に振られた。


日に日に計算スピードアップ


子どもの脳みそは、
なんでも吸収する、スポンジ状態。
やればやるほど、最高得点が上がっていく。

一方、母さんの脳みそは、
日に日に劣化しており、最近の主な悩みは、
洗濯洗剤を入れたか忘れてしまうこと
である。


アプリで勉強!?


抵抗がある親がいることも、理解はできる。

でもさ、でもさ、iPhone発売から10年だよ?
あと10年もしないうちに、
デジタルネイティブ世代が社会に出てくるよ?

頭の老化より、感性の老化の方が早いってよ?

はぁちゅうさんの意見がすべて正しいとか
そんな信者では、まったくないけれども、
知らないものを否定し始めたら老化」同感。

新しいものを、全力でおもしろがる、
そんなおばあちゃんに、わたしはなりたい。


シンプル!が、しかし!超難しい


テトリスなどのパズルゲームと同様に、
どんどん落ちてくるスピードがアップして、
母さんと父さんの本気は通用せず、
あっという間に、ゲームオーバー。

オット「なんなんだ、あいつ!!」

すやすやと眠っている娘に、
本気の対抗心を燃やす、
真夜中のおっさん。
ゲーム中の夫

………なんなんだ、その姿勢は!!

時に、理解できない生物も、
全力でおもしろがる、
そんなおばあちゃんに、わたしはなりたい。

※画像の使用許可は、いただいておりません。

▼ついでに、著者をフォローしてみる

スポンサーリンク