本日のブログざっくりまとめ


▼ラジオでしゃべってみたい!
自作ラジオを投稿してみたい!という方へ。

▼そういえば、わたし自身も
「りんのオールナイトニッポン」って、
カセットテープに録音していました。恥!!

▼はっ!あのテープ………
まだ実家に残っていたら、どうしよう、やばい。

※中二病が過ぎて、
聴くに堪えないレベルと思われる。

ラジオイラストフリー素材

スポンサーリンク

誰しもが発信できる時代


良くも悪くも、
誰しもが発信できる時代になりましたね。

SNSやら、動画投稿サイトは、数知れず。

あのころの未来に ぼくらは立っている
んだなぁ…と、つくづく。そんな時代に………


Voicyという音声メディア


どうやら、Voicyという音声メディアが、
流行り始めたらしいです。

情報強者の、たのっち先輩が書いていたので、
きっとおそらく、間違いないのでしょう。


ちなみに、たのっち先輩は、
元々ラジオの制作に関わっていた方

で、現BLOGOS編集長、さらに!
ファイナンシャルプランナーの資格も…。


わたしを、ブログや、ニコニコな世界に、
ひきずりこんだ、とにかく頭の良い人です。


ラジオの基本


で!その、たのっち先輩が、
ラジオディレクターの視点から
ラジオの基本について書いてらっしゃったので。


おいらは、放送作家の視点から
いっちょ、書いてみようではないか?と…。

なぜ急に“おいら”が出てきたのかは謎です。


トークのコツとは?


本日、書きますのは、わたしが実際に、
若い女の子やらに、アドバイスしてきたこと

が主になりますが………何を偉そうに?と、
どうか、斜めな目線で読んでみてください。

………って、どんなリクエストだよ。

それでは、現役作家が「何を偉そうに」と
言われる覚悟で綴る【ラジオ番組の作り方】
トークのコツとは?まずは、こちら!


テンポは重要!


ここでいう、テンポというのは、
話すスピードのことでは、ありません

たとえば、オープニングトークがあって、
1つ2つコーナーがあって、エンディング。

それが、テンポ。すなわち、起承転結


だらだら話すことなかれ


いくら面白いトークでも、
だらだら、回りくどかったら?

別の番組を聴こうとなってしまう可能性も…。
だってチャンネルの数は、無限に近いのです。

いかに、テンポよく!とか書いている、
わたしのブログも、回りくどいことが、
多々あるのですが…言うは易し、行うは難し。


だらだら話すのも味?


いや、もしあなたが引き込まれるような、
だらだらトークがあったならば、
それは、だらだらのテンポに引き込まれている?

だらだらの手のひらの上で、転がされている?


何かしらのとっかかりを…


これもまた、わたしがよく言うやつなのですが。

チャンネルの数が、ほぼほぼ無限に近い中、
良くも悪くも、何かしらの印象が残らなければ、
次もまた、聴いてみようとは思わない
でしょう。

聴いてくださった方の心に“なにか”を残すこと。

って書かれても………抽象的すぎて、
わけがわからないよ!という方へ。


お決まりで印象をつける


アニラジ系で、よくある、
番組オリジナルのあいさつ他。

オープニングの自己紹介でも、
お別れの一言でも、なんでもいいんです。

お決まりのフレーズがあると、
聴いてくださった方の脳みそに!
印象に!残りやすいです。


キャラで印象をつける


と一言で書いたところで、難しい。

が、しかし!すげ―いいやつ!
すげ―いやなやつ!すげ―変なやつ!
なんかわからないけど、すげ―くわしいやつ!

などなど元々有名だとか芸能人ではない場合。

“ふつう”ではなく、
なにかしらの“すげー”がないと、
人様の心には何も残らない
というのが現実。


飽きてきた頃が浸透してきた頃


これ、お決まりフレーズに限らず、
コーナーも然りなのですが………。

やっている方が、ちょっと飽きてきたなって頃が
ちょっと浸透してきた頃
…なんですよね。

聴いてくださっている方も、言うほど真剣に、
聴いていないもので、何度も何度も口にして、
もうメモを見なくても言えるくらいの頃に、
やっと、やっと浸透したなと、そういうもんです。


ジングルを作ろう!


おしゃべりに、さほど自信がない。
でも、ラジオ番組を作ってみたい!のであれば、
ジングルを作ってみるというのも、ひとつの手。

※ジングルとは、番組の合間に流れる、
短めの音楽に、タイトルやらをのせたやつ!

なのですが、これがけっこう印象に残るのです。


ジングルは印象に残る


わたし自身、学生の頃聴いていた番組の
ジングルが、突然脳内再生されたりすることも…。

ジングルがあることにより、テンポも生まれる
それっぽくなる。そうだ!ジングルを作ろう。

あ、でも!フリー音源を使ってください。


ラジオでしゃべりたいなら
ラジオを聴こう


ラジオの仕事に携わるようになって、
もうすぐ20年なのですが………。

子どもの頃、学生の頃、
ラジオを聴いていた経験がある人の方が、
ラジオトークの上達も、めちゃくちゃ早い
です。


マイクの向こうの一人へ


ラジオっていうのは、テレビと違って、
家族や友達と聞くものではない!
一人で楽しむものだ!と言われています。

ゆえに、マイクの向こうにいる一人一人の顔を
どれだけ思い浮かべて、話すことが出来るか?

自分がラジオを聴いていた人は、
リスナーの気持ちも分かる!
さらに…


マネをするところから…


自分が聴いていたから、なんとなく、
こんな感じで進めればいいのかな?の
飲みこみが早い。勘がいい。

ラジオトークが、上手になりたいなら、
まずは、あなたが、おもしろいと思う、
(1人しゃべりの)番組を何度も何度も聴いて、
脳内で、マネしてみてください


書き起こしてみよう


これも、パーソナリティー初心者の方に、
よくするアドバイスなのですが………。

面倒くさい。が、しかし!自分のトークを、
一度文字に、書き起こしてみてください


トークの癖が分かる


自分が、なにげなく口にしたことを、
文字に書き起こすことで、
自分のトークの癖や、無駄な部分が、
目に見えて、理解できる
はずです。

無駄を省くことで、全体にテンポが生まれます。


心の中でしゃべり続けよう


ラジオの放送作家というのは、
人様がしゃべることの、
基本となる“流れ”を書くのが仕事です。

台本を書く時は、心の中に、
そのしゃべり手さんを宿し、
そのしゃべり手さんが言いそうなことを書く。

って、おい。偉そうが過ぎる。


おしゃべりになろう


夜眠る前、移動中など、
心の中で、ずっとおしゃべりして、
何度も何度もシミュレーションをする。

このシミュレーションが、とても大切です。


夢の中でもシミュレーション


ちなみに、わたしは、
夢の中で、台本を書きながら、
ず―っと、寝言をしゃべっていたよ?と、
オットに指摘されたことがあるのですが…。

「○○県のラジオネーム○○さん!
(以下、お悩み相談のメール~アドバイスへ)」

ず―っとしゃべっていると気付いていたのですが
寝言が止まらなかったのです。って、なんの話だ。


〆の言葉は、きっちりと!


もし、俺のラジオは、話すことなど決めず、
フリースタイルでやりたいんじゃ!という場合でも、

ひとつのトークの〆、コーナーの〆、
番組の〆、締めの言葉だけは、
きっちり決めておく
ことをオススメします。

締めの言葉が決まっているだけで、
なんとな―く、しまるっていうもんです。


接続詞に気を付けて!


意外と多い、そして気になるトークの失敗が、
「というわけで!」連呼パターンです。

いざ、説明しようとすると、とりあえず、
「というわけで!」って、便利で使いがち。

ですが、聴いている方は、けっこう気になります。
余計な言葉は耳触りになるだけなので、省くべし。


説明のくだりは、まとめておこう


番組の趣旨、コーナーの趣旨などは、
文章に、まとめておけばよいのですが、
それが、イヤだというのであれば、
接続詞のパターンだけでもメモしておきましょう。

「というわけで」「ということで」「ええ…」
「そして」「さらに」「それでは」
「ではでは」「で!」「なんと!」「はい!」
「さあ」「ちなみに」「ところで」「さて」

自分の書いた台本を、見返してみたら、
多かったのは、こんな言葉でした。


説明は、ていねいに…


あなたにとっての常識が、
聴いてくださっている方の常識だと、
思うことなかれ
。説明は、ていねいに。

「○○に行ったんですけど…」って、
ローカルなお店の名前を出されても、
ぽか―ん&知らんがな!なのであります。


使わないほうがいい言葉


たのっち先輩が「約」と言わずに、
「およそ」と言うのが、読み原稿!

「約」だと「百」とも聞こえてしまう…。

「約10年前」が「110年前」に、
聞こえてしまう場合もと書いていましたが、
同じ理由で使わない言葉は「昨年」です。


昨年×去年○


昨年も、なんとな―く聴いていると、
「100年?」と聴こえてしまう可能性が…。

って、こういった、読み原稿と書き原稿は違う、
聞き間違い気を付けろシリーズ
は、
他にもあるので、思い出したら追記します。


会話の中で使わない方がいい言葉


その他、会話の中で、
使わないほうがいい言葉については、
こちらの記事も、ぜひご参考に…。


ラジオは会話です。

聴いてくださっている方の気持ちを、
忖度すること…とても大事だと思います。

………って、忖度!!初めて使ったかもしれない。


フリートークについて…


何度も何度もシミュレーションする!と
書きましたが、何度も何度も話していくうちに、
ひとつの“鉄板トーク”が完成する
ということで、
我が娘7歳も、現在トークの修行中です。


ちなみに、彼女の鉄板トークは、
「ジェネリック薬品の仕組みを説明する」です。

そんな彼女の今年の目標は、
「本のお話の説明をうまくできるようになりたい」
って、目標というより願望みたいになっている。

トークが上手になりたい子ども

が、しかし!母さん、いいと思うよ。

いかに、回りくどくならず、
要約して、話すことが出来るか?

………はい、母さんも肝に命じて生きていきます。

話し上手な人のアドリブの技術
大谷 由里子
KADOKAWA/中経出版
2010-07-26


(〆の言葉)
以上!「ラジオって楽しいよね」でした。

※2018年4月18日追記
書き起こしに、使えるやーつ。


▼ついでに、著者をフォローしてみる

※著者に一言、言いたい!ほか、
お問い合わせも、Twitterまで………。

スポンサーリンク