来年のカレンダーを買いました。
IMG_8355


無印良品「バガスペーパー
ファミリーカレンダー」


ところで、バガスペーパーって、なんぞや。

スポンサーリンク


砂糖の製造過程で
サトウキビを搾った後に出る繊維を活用

とにかく、ちょっとエコなやつっぽい。


家族5人までの予定が一覧できる


IMG_8358

母の仕事は、
時間も場所も、やることも日々違うし、
父の勤務先も、日により。
娘は、来年小学生になる。


我が家に、最適なカレンダーではないか!
迷わず、即購入!


父・母・娘・家族・TO DO


IMG_8359

5つの空欄を埋めてみました。

この「TO DO」ってのが、
意外と重要
なのでは、なかろうか。

月に2度しかない「燃えないゴミの日」とか、
娘のプリント提出日とか。


若干話がそれるが、娘が小学生になる前に、
あと何回、娘の名前を書けばいいのだろう…。
保育園に入る時もそうだったけれども、
このデジタルな時代に、
どんだけアナログなんだ…。


とか言いつつ…


スマホでもスケジュールを共有


オットとは、i-Phoneでも、
スケジュールを共有
している。


が、しかし!
わたしという昭和生まれのアナログ人間は、
紙に書いて、目で確認することで、
やっとこ理解できる
のである。


カレンダー必須


去年、今年と使っていたのは、
青山のスパイラルで買った、こいつ…。

IMG_8360


曜日が、ぱっと認識
できるし、
大きくて、予定もたくさん書けるし、
なかなか使い勝手が、よかった。


2017年、はよ…


無印のファミリーカレンダーに変えたことが、
吉と出るか?凶と出るか?


試しに壁に貼ってみると、オットが一言。
「ノートを壁に貼っているみたい…」


出た―――!!!
こだわりのある男は、こういうことを言う。
機能性だよ、機能性!!

とはいえ、まだ使っていないから、
その機能性も、定かではない。


そしたら、だんだんノートに見えてきた。


アナログ人間


紙に書いて、目で見て、初めて、認識できる。

最近は、打ち合わせでも、
多くの人が、パソコンを開いているが、
わたしは、どんな時でも、ノートを開く。


台本を書く時も、最初に手書きで、
思いついたことをメモ
して、
考えが、まとまったところで、
パソコンを開く。
ちなみに、考える時は、必ず鉛筆。


これが、わたしの仕事の流儀。


いぇ~い、かっこつけてやったぞ―!!


というわけで!
ファミリーカレンダーの使い勝手に期待。


2017年は、地上波のラジオの、
新番組の仕事の依頼
が、きますように。


最後の最後に、とてつもなく具体的で、
個人的な、願望を書いておく。


▼ついでに、こちらの記事も…?
昔の写真・手帳・日記、
捨てる?捨てない?判断基準は?


▼去年と、今年、使っていたカレンダー

アンドーギャラリー
「葛西薫デザイン カレンダー」


スポンサーリンク